カテゴリ:ブログ, 信州の俳枕   タグ:

浅間山

浅間山

長野・群馬両県にまたがる活火山。標高二五六八メートル。天明三年(一七八三)の大爆発では、多くの犠牲者を出した。

桃花水庵より浅間山02

吹飛ばす石は浅間の野分かな            芭蕉
有明や浅間の霧が膳をはふ              一茶
春星や女性浅間は夜も寝ねず           前田普羅
冬の浅間は胸を張れよと父のごと         加藤楸邨
鉄(くろがね)の浅間山(あさま)を据ゑてほととぎす  窪田英治

2016-02-29 | Posted in ブログ, 信州の俳枕No Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA