カテゴリ:ブログ, 佳聲を聞く   タグ:

にいにい蝉 本井 英

にいにい蟬抑揚なきが疎ましや   本井 英
俳誌「夏潮」
2016.10月発行(通巻111号)より

にいにい蝉は、確かにみんみん蝉やつくつく法師と違い、じーじーと抑揚なく鳴く。それが却って疎ましいというのは面白い。
人の生活にも同じようなことが言える。毎日毎日が同じ調子で過ぎていくと、かえって気分が落ち着かなくなることがある。泣いたり怒ったりする日常は煩わしいが、退屈しない。
掲句の前に次の句が置かれている。
山梔子の実の真緑のよそよそし  英
普段、側にいて何かと世話をやかれると煩わしいが、相手にされないと物足りなく不満が生まれる。
人間はなんとも不思議な生き物だ。

2016-10-06 | Posted in ブログ, 佳聲を聞くNo Comments » 
Comment





Comment



CAPTCHA