カテゴリ:ギャラリー, ブログ, 桃花水庵訪問者   タグ:

曼珠沙華

dscn1317

九月の中旬、四年程前に庭の隅に植えた曼珠沙華が咲いた。曼珠沙華は不思議な花だ。いつの間にか茎をすっと伸ばし、爪で宙を掴むように蕾をつける。そして、妖艶な花を開き、あっという間にとぼってしまう(実際には幾日か咲いているのだろうが)。昨日(10月5日)茎の回りをの草を抜いたら、土から葉が出始めていた。
曼珠沙華は、彼岸花・幽霊花・狐花など不気味な別名を持つが、稲と一緒に渡来したとも言われているので大切な花だったかも知れない。飢饉の時の非常食ともなったので、普段は人の近づかない墓地などに植えられたとも言われる。

つきぬけて天上の紺曼朱沙華      山口誓子
空澄めば飛んで来て咲くよ曼珠沙華   及川 貞
曼珠沙華咲かむと空へ爪をたつ     窪田英治

Comment





Comment



CAPTCHA