俳人の言葉

「読み手を意識しない」       本井 英

「読み手を意識しない」   本井 英

     山の日や白菜畑のうつくしき 上村敦子
これは、ふっと口をついて出た句でしょう。立子先生の句のよう。人を嵌めようと思わないで出来た句。
読み手を意識して作ると一人称でなくなる。キャッチコピー的で泥くささがなくなる。そこには、俳句の未来がないのではないか。
平成二十八年十月十日、「小諸市俳句連盟」望月春日温泉吟行会での言葉。

〈このコーナーは筆者のメモです。俳人の言葉の意味を正確に捉えていない場合もあります。〉

2016-10-15 | Posted in 俳人の言葉No Comments » 

 

ものを感覚的につかむ 宮坂静生

「ものを感覚的につかむ」       宮坂静生

吟行では、ものを感覚的につかむこと。対象の本質を鋭くつかむこと。
対象50パーセント、私の心理50パーセントで見る。つまり、ものを見るということは、私の気持ちを抑えることであり、それはある意味で自己否定である。自然(もの)に圧倒される自分がそこにある。
平成二十七年九月二十七日、「岳俳句会」の東飯綱高原吟行会での言葉。

〈このコーナーは筆者のメモです。俳人の言葉の意味を正確に捉えていない場合もあります。〉

2016-02-29 | Posted in ブログ, 俳人の言葉No Comments »