shougai_title

俳人加舎白雄(かやしらお)は、元文三年(一七三八年)江戸深川の上田藩邸で、加舎吉亨の次男として生まれました。本名は吉春。幼くして母を亡くし、二〇歳ごろには僧侶を志したこともありました。

 明和二年(一七六五年)松露庵烏明に入門しましたが烏明の師・白井鳥酔から大きな影響を受け、初号の白尾は鳥酔から与えられたと言われています。芭蕉の作品を模範とし、その作風を近世後期の俳壇に定着させました。安永九年(一七八〇年)四二歳のとき江戸日本橋鉄砲町に春秋庵を設立、関東、中部地方に門人三千を擁する勢力を築きました。この時期にも信州上田には親類が多くいたため、たびたびこの地を訪れ、白雄は上田を「ふるさと」と呼んでいます。
 生涯独身で清貧孤高、その作品は無技巧、繊細な秀句が多く、

人恋し火とぼしころをさくらちる

は代表作として知られています。また白雄は能筆家としても知られ今日なおその書を愛する人が多くおります。寛政三年(一七九一年)九月一三日病気のためなくなりました。享年五四。

 上田とその周辺の白雄門人には、小島麦二(ばくに)、岡崎如毛(じょもう)、成沢雲帯、荒井三机(さき)、小島玉馬、宮本虎杖(こじょう)、倉田葛三(かつさん)、など全国にその名を知られた人々がおり、地域に俳諧を広め庶民文化の向上に大きく貢献しました。江戸時代、寺子屋が普及し「読み」「書き」を学んだ多くの人々は働きながら文芸に親しんできましたが、その伝統は近・現代まで続いております。そのような庶民文化の一つの源流となったのが、加舎白雄とその門人たちでありました。